放送番組の編集に関する基本計画

九州・沖縄マルチメディア放送番組編成の基本計画

 

九州・沖縄マルチメディア放送株式会社はマルチメディア放送の担い手として、又地域社会に密着した放送局としてその生活文化の向上と産業と経済の発展に寄与することを目的とする。併せて放送の公共性、社会的責任を重んじ、「放送の品位と権威の維持」に努める。

又、行動様式の急速な変化が要求されている今、既成の概念や形式にはとらわれず、独自の企画と構成をもって、新しい形で地域社会へ還元する。

よって当社は「九州・沖縄マルチメディア放送株式会社放送基準」に従い、次の計画を基本として放送を行う。

(基本方針)
1.九州・沖縄マルチメディア放送は放送法第1条の精神に則り、放送を通じて公共の福祉、産業と経済の繁栄、文化の向上に寄与することを目的として番組を編成する。
2.番組の編成にあたっては、九州・沖縄マルチメディア放送番組基準に準拠し、人権を守り、法と社会秩序を尊重し、優れた文化の普及と健全な家庭に貢献する放送であることを旨とし、番組相互の調和を保つことを基本方針とする。

(基本計画)
3.各種番組の準拠すべき一般方針は以下の項目に従うものとする。
(1)放送の公共性に鑑み、番組は公安及び良俗を害しないものであること。政治的に公平中立であること。報道は事実を曲げないこと。
(2)意見が対立する問題については、出来るだけたくさんの角度から論点を明らかにする。
(3)V-Lowマルチメディア放送の特質を発揮する番組を主体とし、放送の品位を失わないことを前提とする。
(4)新しい広告媒体としての価値を創造し、豊かな国民生活に寄与するものとする。

4.広告放送は国民の経済生活と産業の発展に資するもので、番組内容とよく調和するよう努めると共に、関係法規ならびに日本民間放送連盟の広告基準に従って、社会的責任を負いうるもののみを選択する。

 

九州・沖縄マルチメディア放送株式会社
番組編成の基本計画
平成28年2月16日制定