i-dio(アイディオ)は、2016年3月から全国で放送を順次開始する、
まったく新しい放送サービスです。
どんなサービスが展開されるか、ご紹介します。

i-dioは、無料の放送サービスです

新放送サービス『i-dio』は、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯 (VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設される、既存のテレビでもラジオでもない全く新しい”第3の放送”です。受信機をお持ちであれば、契約などは原則必要ありません(今後有料サービスが個別に提供されることがあります)。
「i-dio」は、映像・音響・データなど、デジタルデータなら何でも送ることが可能です。また放送波で送信するため、通信とは異なり、輻輳もなく、不特定多数に情報を送ることができ、好きなときにコンテンツを楽しむことができる、蓄積型放送も予定しています。

テレビでもラジオでもない、新しい放送!

全国7エリアで、
地域性のある多彩なサービス

i-dioは、全国6社・7エリアのマルチメディア放送会社が地域ごとの特性にあわせたサービスをご提供します。
(放送開始日はエリアにより異なります)

全国で提供されるチャンネルの一例

九州・沖縄エリアで提供されるチャンネル

安心・安全情報もお届けします

i-dioはこれらのチャンネルのほか、防災情報を放送波でエリアごとにきめ細かくお届けする「V-alert」など、安心・安全情報も配信しています。
また、一部の自治体では、よりきめ細やく、確実な情報伝達を実現するため、i-dioを用いた防災放送ネットワークを構築していきます。

>自治体住民向け防災情報配信については、(株)VIPまでお問い合わせください。

さまざまなタイプの受信機が登場します

i-dioは、スマートフォン内蔵型受信機、専用受信機のほか、カーナビゲーションへの内蔵、IoT機器向けのデバイスなど、さまざまな機器が登場予定です。

Application

i-dio Phone、i-dio Wi-Fiチューナーで放送を受信するには、
専用アプリケーション(無料)が必要です。
アプリケーションは放送開始後、利用可能となります。

i-dio Wi-Fiチューナーが届いたモニターの皆様:

i-dio Wi-Fiチューナーとスマートフォンは、
i-dio受信用アプリと組み合わせて使用することではじめて接続し、利用することができます。
OS単体で一般のWi-Fiのように接続しようとしても、何も起こりません。
放送開始時にアプリが配布(Android版はアップデート)されますので、
それまで機器は大切に保管されて、お待ちください。
なお、Androidで用いる場合とiOSで用いる場合で、Wi-Fiチューナーは
電源ボタンを押す長さが違います(これにより動作モードが切り替わります)。
あわせてマニュアルをご確認ください。

放送エリアは順次拡大!

2016年3月の福岡・東京・大阪での放送開始を皮切りに、エリアは、随時拡大していきます。

Area