中古ドメインの調べ方 自分で調査するときの6ステップ【画像つき】

  
目安時間 9分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 

こんにちは、ケイです。

 

今日は自分で中古ドメインを調査するときの方法を伝えます。

かなり時間がかかるので、時間を犠牲にしても出費を減らしたい人向けです。

 

 

ただ、この方法でも100%安全な中古ドメインを探せるわけではありません。

実際、私も過去にペナルティドメインを取得してしまい、3個のドメインを捨てましたから。

 

それでも1度は自分で探してみたい!という人は、挑戦してくださいね。

 

期限切れのドメインをピックアップ!

まず、期限切れのドメインをリストアップします。

利用するサイトはこちら。

 

 

海外のサイトですが、世界中の期限切れドメインがチェックできます。

 

無料の会員登録をしないと、ドメインの条件検索ができません。

会員登録方法やドメイン検索方法などは、こちらのサイトが参考になります。

 

 

おすすめは、comドメインですね。

いちばん利用者が多いので、期限切れドメインの数も調べきれないほどあります。

 

文字列は長すぎないものがおすすめ。

長くても20文字までで。

 

英語になっているものがほとんどですが、意味がある言葉になっているかもチェック!

意味のない文字と数字を羅列しただけのドメインは、きちんとサイト運営されていなかった可能性が高いのでパスしましょう。

 

まずは20個ピックアップしてください。

 

ピックアップしたドメインが取得可能か調べる

お名前.comで、ピックアップした20個のドメインが取得できるか調べます。

 

複数検索で、.com前の文字列を一気に検索にかけます。

最初にピックアップした20個から、すでに取得されているドメインを外します。

 

ひとつお試しに調べてみました。

 

中古ドメイン 調べ方

 

ドメイン名は「missalpeadria.com」です。

 

※2022年8月4日時点での期限切れドメインです。

現在の状況とは異なります。

 

取得できる中古ドメインを検索エンジンで検索してみる

現時点で取得可能なドメインを、実際に検索にかけてみます。

 

検索するときは、完全一致検索を利用します。

調べたいドメイン名をダブルクォーテーション(“”)で囲んで検索してください。

 

中古ドメイン 調べ方

 

チェックすべきは、そのドメインが載った検索結果。

ページを訳して、どんなサイトだったのか確認。

 

もうひとつは、画像検索。

これで大体の過去運用のイメージがつかめます。

 

このドメインは、ミスコンか何かのドメインだったようです。

「Miss Alpe Adria」と表記されていました。

 

検索結果にFacebookも出てきたので、少なくても確実に被リンクがついていそうです。

 

過去の運用履歴をチェック!

過去に運用されてきた履歴を確認します。

利用するサイトは Wayback Machine。

 

 

このサイトで、missalpeadria.comを調べてみます。

 

 

 

 

2000年からの履歴が保存されています。

最新の2019年4月を見てみます。

 

 

 

 

青丸で表示されている日付を選択し、青字の時間をクリック。

 

 

 

 

記録されているサイトがこちら。

よくわからないので、もっと過去を見てみます。

 

 

 

2003年の2月の記録。

 

 

 

 

プラグインのインストールを促す画面でしょうか?

しかし、「Miss Alpe Adria」が運営していたのは間違いないようですね。

 

 

 

 

2008年2月もチェックしてみます。

 

 

 

「Miss Alpe Adria」のサイトでした。

どうやらmissalpeadria.comのドメインは、長期運用されてきた中古ドメインのようです。

 

ブラックリストに載っていないかチェック

利用したサイトはこちらです。

 

 

missalpeadria.comを調べてみました。

 

 

登録情報がないということなので、ブラックリストには載ってないですね。

ただ、100%安心できるものではないので注意!

 

最後に被リンクチェック

過去の運用履歴、ブラックリストを確認したら、最後に被リンクチェックを行います。

 

 

 

 

 

ドメインの前にwwwある・なしで両方調べます。

 

wwwありの方に被リンクが付いているので、このドメインを取得して運用するなら、

 

www.missalpeadria.com

 

で設定するのが正解です。

 

まとめ

  1. 期限切れのドメインをピックアップ!
  2. ピックアップしたドメインが取得可能か調べる
  3. 取得できる中古ドメインを検索してみる
  4. 過去の運用履歴をチェック!
  5. ブラックリストに載っていないかチェック
  6. 最後に被リンクチェック

 

運用履歴とブラックリストは、どっちが先でもかまいません。

ただ、被リンクチェックは少し待たないと結果が出ないので、個数を厳選できている最後がいいですよ。

 

20個の中古ドメインをピックアップして、すべて調査しても1個もいいのがないなんて、よくあること。

 

時間をムダにしたくないなら、中古ドメイン販売を利用!

早くドメインが決まれば、ワードプレスの設定や記事書きがすぐにスタートできますからね♪

 

 

 

\ランキング参加してます/

人気ブログランキング

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

   ドメイン   0

この記事に関連する記事一覧

ケイ

ケイ

【自宅で稼ぐ】を決心し、アドセンスブログに挑戦し挫折。次に商品名サイトを量産したものの思ったほど稼げず・・・。一瞬だけ稼げるブログじゃなく「長く読んでもらえる資産となるブログを作りたい!」と思い、特化ブログにシフト。過去に作ったブログを特化に作り替えたら、今までゼロだったブログから毎月3万円の報酬を継続中!このブログでは特化サイトの情報や、新規に立ち上げた特化ブログの実践記を公開していきます。

 最近の投稿
カテゴリー
ランキング参加中

ページの先頭へ