新規ドメインと中古ドメイン それぞれのメリット・デメリットは?

  
目安時間 8分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 

 

こんにちは、ケイです。

 

今日は、新規ドメインと中古ドメインの違いをまとめています。

 

私は新規ドメインも中古ドメインも使っていますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。

 

せっかく新しくブログを作るんだから、Googleにきちんと評価されたい!
というのであれば、新規ドメインが安心です。

 

私が独自ドメインを取得するのは、お名前.comです。

 

新規ドメインと中古ドメインの違い

ドメインは、

 

〇〇.com

〇〇.net

〇〇.xyz

 

などの.(ドット)から右部分のこと。

 

新規ドメインと中古ドメインの違いは、.(ドット)前の〇〇の部分です。

 

この〇〇の文字列とドメインの組み合わせで、過去に運用されていたことがあるドメインが中古ドメインです。

 

過去に1度も運用されたことのないドメインが新規ドメインです。

 

新規ドメインのメリット・デメリット

新規ドメインのメリットは3つ。

 

・キャンペーンなどで安いドメインを買える

・自分のサイトやブログに合わせた文字列で取得できる
・過去の運用歴やバックリンクに影響されない

 

お名前.comなど、ドメイン登録会社では頻繁にドメイン登録キャンペーンを行っています。

1円や10円などでドメインが買えるから、かなりお得!

 

新規ドメインなら、comでもnetでも一番安いのを選べばいいのです。

ただし、2年目の更新料が違うので、そこは必ずチェック!

 

また、自分のサイトやブログに合わせた文字列でドメインを取得できます。

自分だけのドメインというのは、より愛着が増すんですよね♪

 

新規ドメイン最大のメリットは、過去の運用歴やバックリンクに影響されないこと。

スパムサイトだとGoogleに認識されていたら、インデックスすらされません。

 

新規ドメインはその心配がないので、真っ白な状態からブログ運営したい人に向いています。

しかし、新規ドメインにもデメリットはあります。

 

・検索エンジンから評価を受けるまでに時間がかかる

 

新規ドメインの場合、まったく新しいものなので、検索エンジンに認識してもらうまで時間がかかります。

 

きちんと評価されるまで早くても3か月、更新が少なければ6か月はかかるでしょう。

 

新規ドメインでブログを立ち上げたら、最初はこまめに記事を更新してアピールすることが大事です。

 

中古ドメインのメリット・デメリット

中古ドメインのメリットは3つ。

 

・過去のサイトのバックリンクがそのまま引き継げる

・新規ドメインと比べてインデックスされやすい

・ページ数が少なくても上位表示されやすい

 

中古ドメインの場合、過去に運用されていたサイトやブログの被リンクがそのまま付いてきます。

 

リンクされているということは、一定の人に評価されているということ。

ブログ立ち上げ当初から、すでに評価されているブログを運営することができます。

 

新しく記事を公開すれば、新規ドメインと比べてインデックスが早いのも特徴。

これは中古ドメインが、すでに検索エンジンに認識されているから。

 

定期的にブログやサイトを巡回するクローラーが回ってきやすいからです。

 

すでに被リンクがついて評価されているドメインなので、ページ数が少なくても上位表示しやすくなります。

ペラサイト作る人が中古ドメインを選ぶのは、こういった効果が理由ですね。

 

・自分で探すには時間がかかる

・購入代金が高額になることがある

・悪い評価も引き継いでしまう

 

世界中では毎日期限切れドメインがたくさん生まれていますが、自分で中古ドメインを探すのは大変です。

 

過去にどんな運用されてきたドメインか?

どんな被リンクがついているか?

 

確認するだけで大変です。

とくに海外のサイトだと、知っている単語と画像で判断するしかありません。

 

 

この手間を省けるのが、中古ドメイン販売業者からの購入です。

ただ、ドメインの定価より高くなるのが欠点です。

1つのドメインで数万円することもあります。

 

そして、最大の欠点が、過去の悪い評価も引き継いでしまうこと。

過去の運用や被リンクをどんなに調べても、100%わかるわけではありません。

 

実際、私は自分でリサーチして取得した中古ドメインで失敗しました。

サーチコンソールに登録したら、「悪質なスパム」と表示されたんです!

 

審査リクエストをGoogle側に送信して、スパム判定を解除してもらうこともできるみたい。

 

でも、そのやりとりに時間を取られるのが嫌で、その中古ドメインを捨てることにしました。

取得したばかりで、記事は入れてなかったし。

 

今までで3個の中古ドメインを、1記事も書かないまま捨ててます。

 

まとめ

新規ドメイン、中古ドメイン、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

私のように使わないままドメインを捨ててしまうことになると大損なので、不安な人は新規ドメインを選ぶといいですよ。

 

でも、私は自分で文字列考えて、新規ドメインと思って取得したら、中古ドメインだったことがありました。

スパム判定ドメインではなかったので、助かりましたが・・・。

 

一応、ドメインを取得する前は、被リンクチェックしておくといいですよ。

 

被リンクチェック

https://hanasakigani.jp/

 

 

\ランキング参加してます/

人気ブログランキング

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

   ドメイン   0

この記事に関連する記事一覧

ケイ

ケイ

【自宅で稼ぐ】を決心し、アドセンスブログに挑戦し挫折。次に商品名サイトを量産したものの思ったほど稼げず・・・。一瞬だけ稼げるブログじゃなく「長く読んでもらえる資産となるブログを作りたい!」と思い、特化ブログにシフト。過去に作ったブログを特化に作り替えたら、今までゼロだったブログから毎月3万円の報酬を継続中!このブログでは特化サイトの情報や、新規に立ち上げた特化ブログの実践記を公開していきます。

 最近の投稿
カテゴリー
ランキング参加中

ページの先頭へ